相談

悩みの種を根本から無くす|腰痛は姿勢から

このエントリーをはてなブックマークに追加

腸を抑える治療

病棟

鼠径ヘルニアとは、鼠径部の筋膜が裂けて腸がはみ出てくることです。これは以前は筋膜を縫うという手術で治療されていました。しかし昨今では、腹腔鏡で人工膜を挿入するという手軽な手術がおこなわれるようになっています。お腹を小さく切開するだけで済むので入院期間は短く、大きな傷跡も残らないため注目されています。

More...

高度な医療が受けられます

カウンセリング

平野区の病院では電子カルテなどのシステムを採用することにより短時間で診察を受けることができるようになっています。ほかの医療機関との連携も同時に行っているので、複数の病院で診察を受ける際にもスムーズに治療を継続することができます。

More...

住み慣れた自宅で過ごす

女性

近年、医学の進歩と共に治療法や医療環境も多種多様にあります。例えば、世田谷区をはじめ全国的に増えているのが、住み慣れた自宅で継続した医療を受ける在宅医療です。病状が安定し、緊急時の対応が充分想定されている等、一定の条件をクリアし、他職種連携で支える体制が確立されれば、在宅医療生活は快適です。

More...

正しく治療するために

医者

何科に行くか

腰痛は何日か様子を見ると治ってしまうこともあるため、慌てて病院に行く必要がない場合が多いです。ただ、仕事を休めない、子供の面倒をみないといけないといった事情があるなら、すぐにでも腰痛を治さなければなりません。そんな時に、何科にかかれば良いのか迷うケースもあるため、症状に合わせて行くところを変えていきましょう。まず、腰痛を感じたのと同時に、手足がしびれる、どんな体勢になっても楽にならない、靭帯や骨、筋、神経などを傷めていると自覚があるなら、整形外科に行って診てもらうと良いです。接骨院で腰痛を治してもらうという手もありますが、病院ではないため、検査や診断ができないので、利用する際は注意しましょう。

その他の場合

女性の腰痛の場合、外傷ではないこともあり、ホルモンバランスの乱れによるものなら、内科で相談してみるのが良いでしょう。単純に、生活態度を見直すと腰痛が改善されることも少なくありません。特にオフィスで長時間同じ姿勢で座っているのなら、かなり腰に負担がかかっているため、定期的に立ち上がってストレッチしておきます。他にも柔らかい布団で寝ていると体が沈み込み、腰痛の原因となりますし、重い荷物を持つ時も要注意です。意外と見逃しがちなのが、同じ方の肩にばかりカバンをかける、きつい下着をつけるといったことも避けておきたいところです。知らないうちに猫背になっていると腰痛につながるため、気がついたら姿勢を正すようにしましょう。